外装リフォーム編トップニチハの屋根リフォーム > 遮熱・断熱リフォーム

ニチハの屋根リフォーム

屋根の遮熱・断熱の悩みはニチハの「遮熱・断熱リフォーム」で解決!
主な都市の最高気温(2016)

猛暑日が増えて、
どんどん厳しくなる日本の夏

ここ数年、各地で観測記録を塗り替える猛暑が続いています。長期的には100年あたり年平均約1.15℃の割合で上昇。屋内にいても熱中症患者が出るなど健康への影響も心配されています。

寒暖の差が激しい日本
快適に暮らすためには、住まいには工夫が必要です

温暖地の夏、寒冷地の冬 日本は夏と冬の寒暖の差が激しく、寒冷地の冬では屋根表面と快適な室温の差は32℃も、温暖地の夏では43℃にもなります。住まいには、一年を通して快適に過ごしながら空調費など節電で省エネできる工夫が必要です。 住まいの暑さ・寒さを和らげるには、屋根から侵入する日射熱をガードすることが重要です!

ニチハの「遮熱・断熱で快適」リフォームは、屋根の断熱・
遮熱力を高め、一年中快適な住まいづくりを応援します!

遮熱・断熱リフォームのおすすめ商品

リフォーム用遮熱ルーフGr

屋根から侵入する日射熱をしっかりガード。

重ね葺き・葺き替え

70℃を超える屋根への日射熱は、一つの素材や方法では防げません。日射熱対策には、複合断熱材リフォーム用遮断ルーフGrが最適です! 断熱材は熱の伝導は抑えますが、日射熱の「輻射」による熱を防ぐことはできません。
ニチハのリフォーム用遮断ルーフGrは、熱が伝わる3要素、「反射」「排熱」「断熱」のすべてに対応するよう
素材を構成した、新しい複合断熱建材。侵入熱を遮断し、高い省エネ効果を発揮します。

70℃を超える屋根への日射熱は、一つの素材や方法では防げません。
日射熱対策には、複合断熱材リフォーム用遮断ルーフGrが最適です!

リフォーム用遮熱ルーフGrの優れた構造 反射・排熱・断熱を組み合わせた「トリプルストップ構造」

「リフォーム用遮断ルーフGr」は、「反射」「排熱」「断熱」の3つの働きで一体化した「トリプルストップ構造」。 屋根から侵入する日射熱をガードして日射熱による室内温度の上昇を防止、夏を克服!

冷房の電力消費を抑えて
省エネ&CO2対策
にも有効
です!

冷房の電力消費を抑えて省エネ&CO2対策にも有効です!
  • 詳しい情報を見る

このページのトップへ戻る