外装リフォーム編トップニチハの屋根リフォーム > リフォーム工法比較

ニチハの屋根リフォーム

「色あせ」が目立つ屋根。「ひび割れ」もあるけど・・、わが家にピッタリなリフォームはどれ?

屋根リフォーム工法比較

塗り替えの特長

塗装が可能な材質で、
表面や下地があまり傷んでいない屋根


既存の屋根の汚れを
落として上から再び
塗装する方法です。

メリット

1回の工事費用が安価
工期が短い
自宅に住みながらリフォームができる

デメリット

高圧洗浄に耐えられる必要
がある
塗料の種類などにもよるが
短い周期で定期的に再塗装
が必要になる場合がある

塗り替えの施工手順

塗り替えの施工手順

屋根の苔や汚れなどを落とすために、高圧洗浄をします。


しっかり洗浄まず屋根の汚れをしっかり落とします!

サビ落としなどの下地処理や、ひび割れなどの傷んでいる箇所を補修します。


しっかり補修。塗装の前に様々な下地準備が必要!

下塗り・中塗り・上塗りの3ステップで屋根を仕上げます。


しっかり施工化粧スレート系屋根材の場合はシーラー、金属はサビ止めを下塗り。

養生、足場を解体して完成!


完成約10年後には、きれいを保つために再塗装。

塗り替えの特長

重ね葺きリフォームの特長

既存屋根が化粧スレート系屋根材など、
下地があまり傷んでいない屋根


既存の屋根を残して
その上から新しい屋
根材を葺く工法です。

メリット

大幅なイメージチェンジができ、
新築のような外観に
既存屋根をはがさないことで廃材が少なく、
断熱・遮音効果もある
自宅に住みながらリフォームができる

デメリット

塗り替えと比べると
初期費用が高価
瓦などの凸凹の大きい
屋根には施工できない

重ね葺きの施工手順

重ね葺きリフォームの施工手順

既存化粧スレート系屋根材の老朽度をしっかり診断します。


重ね葺きが可能かしっかりチェック!重ね葺きが可能かしっかりチェック!

既存屋根の上から新規ルーフィング(下葺材)を張ります。


2層の防水層で防水性も安心!2層の防水層で防水性も安心!

センタールーフ(金属製)でみちがえる美しさ!


軽くてサビに強い塗装高耐食GLめっき鋼板!軽くてサビに強い
塗装高耐食GLめっき鋼板!

重ね葺きの特長

葺き替えリフォームの特長

既存屋根が瓦や老朽化が進んだ化粧スレート系
屋根材など、下地が傷んでいると思われる屋根


既存の屋根をはがし
て新しい屋根材を葺
く工法です。

メリット

大幅なイメージチェンジができ、
新築のような外観に
既存屋根をはがすことで、躯体・下地の確認が可能
下地の補強や下葺材・断熱材の施工など、建物の
性能向上のための工事を同時に行うことが可能

デメリット

既存屋根をはがす費用と
廃材処理費用がかかる
塗り替え、重ね葺きと
比べると初期費用が
一番高価

葺き替えの施工手順

葺き替えリフォームの施工手順

既存の重い瓦屋根を下ろします。


下地の確認もできて安心!下地の確認もできて安心!

下地状態を確認し、野地板を張ります。


新しい屋根が葺ける状態にします。新しい屋根が葺ける状態にします。

新しいアスファルトルーフィング(下葺材)を張ります。


防水性もバッチリ!防水性もバッチリ!

アルマでみちがえる美しさ!


軽くて、どんな住宅の屋根にも合うデザイン!軽くて、どんな住宅の
屋根にも合うデザイン!

葺き替えの特長

屋根リフォームで人気の「塗り替え」「重ね葺き」おトクなのはどっち?

ニチハの金属製屋根材センタールーフの「重ね葺き」なら、新築のような屋根に生まれ変わるだけでなく、
優れた断熱性・耐久性で「塗り替え」では難しい住まいの性能アップも実現します。 どっちがおトク?!塗り替えvs重ね葺き

このページのトップへ戻る