外装リフォーム編トップニチハの外壁リフォーム > 耐震リフォーム

ニチハの外壁リフォーム

住まいの耐震の悩みはニチハの「耐震リフォーム」で解決!

耐震改修の費用は、
約100∼150万円が最も一般的  ※一般財団法人 日本建築防災協会調べ

耐震改修工事費 住まいの状態によって費用は変わりますが、
構造に手を入れず補強を行う場合は100万円以下で施工できる場合もあります。またそれ以上の補強が必要と判断された場合、予算は別途必要になります。
国や地方公共団体が行う助成制度や融資制度などを利用すれば、自己負担が軽減できます。
詳しくは地方自治体や施工業者様にお問い合わせください。

出典:一般財団法人 日本建築防災協会発行
    「木造住宅の耐震改修の費用パンフレット」

新築住宅の耐震化が進むなか、
1981年(昭和56年)以前の住宅が課題

住宅耐震化の進捗状況 国は2020年までに住宅の耐震化率95%を目標に定め耐震化を促進しています。2008年時点で耐震化率は約79%ですが、1981年以前に建てられた住宅の半数以上は耐震化されていません。

出典:国土交通省ホームページ

耐震リフォームのおすすめ商品

ニチハ耐震改修面材『あんしん』かべ強化

“住みながら”耐震リフォームが可能です。

張り替え

ニチハの『あんしん』かべ強化は、住宅の耐震性能を向上させるためのリフォーム用の耐震改修面材です。
一般財団法人 日本建築防災協会の「住宅等防災技術評価(DPA-住技-46)」を取得しています。

ニチハ耐震改修面材『あんしん』かべ強化 ニチハ耐震改修面材『あんしん』かべ強化

ニチハのモエンサイディング
+『あんしん』かべ強化の
張り替えリフォームなら、
住まいの耐震性を高め
安心で快適な住まいを
実現
します!

  • ※壁基準耐力とは木造住宅の耐震診断に用いる壁の強さを表す指標。
     建物全体の強さは壁の長さと壁基準耐力の積で表されます。
  • ■愛知県耐震補強助成対象工法 W-015c
    ■長野県既存木造住宅耐震補強の評価工法 No34
    ■東京都平成25年度安価で信頼できる木造住宅の耐震改修工法装置等
     耐震改修工法部門-5

ここがこだわり!『あんしん』かべ強化 家に住みながら耐震改修可能です!
生活が不便になる内部工事とは違い、外から工事を行う『あんしん』かべ強化なら、住みながら耐震改修が可能です。住む人の負担を軽減します。 自治体による
耐震改修の各種補助
制度を活用して、
今こそ
耐震リフォームを!

  • 詳しい情報を見る

このページのトップへ戻る