外観詳細

白と黒のコントラストが織りなす深みのある上質なデザイン

広島県

立体的な構成でサイディングを使用した好例です。前面を明るいホワイト、そして後退した面を濃いブラックにすることによって見事な対比感が生まれています。外構も含め、フレームで見せるデザインで立体的に見せつつ、色味を抑えることで一体感を演出しています。時代を反映したスケルトン型デザインながら、飽きのこない上質な住まいに仕上がっています。

使用外装材

リーガストーン調
ランダチャコール

ヴェレウォール調
プラムホワイト

その他の検索結果

ページの先頭へ戻る