外観詳細

建物の凹凸を利用して2種類の柄を張り分けたコーディネート

熊本県

壁量を活かし、継ぎ目の目立たないモザイク柄とタイル柄を組み合わせ、水平垂直のラインにより端正な佇まいに仕上げています。破風、サッシ、軒天を濃色で統一したことで、コントラストの美しさが増しています。

使用外装材

ステップモザイク
リペネホワイト

ラドーレ
イストワエボニー

その他の検索結果

ページの先頭へ戻る