外観詳細

凹部に濃色をアクセントで用いた、同柄の2色でメリハリをきかせたコーディネート

広島県

繊細な石柄が織りなす端正な陰影と水平ラインを強調したボーダーによる、ホワイトと深いグレーでメリハリをきかせたコーディネート。濃色を凹部にアクセントとして用いることで、立体感が際立つ効果も生まれている。

使用外装材

タンレビ
セストディープグレー

タンレビ
セストホワイト

その他の検索結果

ページの先頭へ戻る