外観詳細

箱の重なりと色調の対比が立体感を生む西面ファサードの家

大阪府

3つの箱を立体的に組み合わせたような外観デザイン。それぞれの箱を同じ柄の白と黒のサイディングで張り分け、奥行のある立体感を強調しています。前面道路が西側にあるため、正面ファサードの窓の大きさは必要最小限に抑えています。

使用外装材

ミラージュタイルV
エメチャコール

ミラージュタイルV
エメホワイト

その他の検索結果

ページの先頭へ戻る