素敵な外観はこう作る!
~7つの外観スタイルのつくり方~

ライフスタイルに合った理想の外観を実現するには、まずはニチハの提案する7つの外観スタイルから、家族の好みのスタイルを知ることが近道です。
ここでは、それぞれのスタイルの特長や、外装コーディネート例をご紹介します。

フラットや片流れの屋根と、シンプルで直線的なフォルムが特長の住宅スタイルです。
モノトーンを基調に、幾何学的な柄やシンプルな柄をメインに使用します。ビビットな差し色や金属やガラスなどを合わせて、クールに仕上げたり、木目と組み合わせてナチュラルに仕上げたりと、幅広く展開できます。また、壁の前に格子設けるデザインなどは、防犯効果や目隠し効果も狙えて人気です。

モダンスタイル
モダンスタイル イラスト

光の反射を計算したモダンな和風

素材で変化をつけたナチュラル×シンプル

ハイコントラストのナチュラルスタイル


日本の風土が育んできた伝統的な和風スタイルには根強い人気がありますが、近年はモダンテイストをプラスした和モダンスタイルにも関心が高まっています。
ベース部分には、櫛引柄や塗り壁柄など、素朴でシンプルなデザインを選びます。アクセントには、ナチュラルな風合いの木目柄、重厚なイメージの石柄、シックな小端積柄などがおすすめです。

ジャパニーズスタイル
ジャパニーズスタイル イラスト

素朴でシンプルな和モダンスタイル

破風、軒天をコーディネートした和の佇まい

木目柄を腰壁で張り分けた落ち着きあるスタイル


南フランスなどの地中海沿岸一帯に見られる、明るい日射しによく映える住宅スタイルです。
明るい色調の塗り壁柄に素焼きや陶製の洋瓦を組み合わせます。アクセントには、自然な揺らぎや手作り感のある石柄やレンガ柄を組み合わせ、南欧のあたたかみを感じられるカジュアルな印象を表現しましょう。

南欧スタイル
南欧スタイル イラスト

白のレンガ柄にオレンジの石柄で南欧風に

淡い色調の石柄が落ち着いた印象の南欧スタイル

白と暖色系が緑に映える端正な佇まい


日照条件の厳しい北欧に適した、急勾配の大きな切妻屋根、広い開口部が特長のナチュラルな住宅スタイルです。
木や石などの自然素材をモチーフにした外壁を選び、上部に濃色を使います。1階に淡い色調の石柄、2階に茶系の木目柄やライン柄を用いると、北欧らしくなります。

北欧スタイル
北欧スタイル イラスト

大屋根と木目の質感が美しい家

破風、幕板、サッシを白に統一した北欧スタイル

優しい石柄と濃い木目柄のモダンな外観


17~18世紀のアメリカ東海岸を彷彿させる住宅スタイルです。
明るい色調の板柄を全面に使ったり一部レンガ柄を用いたり、全面レンガ柄にしたりしますが、共通しているのは白く塗装された破風やポーチ柱、妻飾り、窓の左右の飾り戸などです。家全体を明るく引き立てます。

アーリーアメリカンスタイル
アーリーアメリカンスタイル イラスト

白い木目柄を張り分けたカジュアルアメリカン

アメリカンスタイルをイメージしたナチュラルな外観

白にオリーブ色の幕板、破風の個性的なスタイル


イギリスの歴史と伝統を感じさせる重厚で格調高い住宅スタイルです。
味わい深い色合いのレンガ柄に、明るい塗り壁柄を組み合わせます。色のメリハリにより、エレガントにもクラッシックにも仕上がります。屋根形状を急勾配にし、ハーフティンバーを縦、横、斜めに飾るデザインはチューダー様式とも呼ばれ、ブリティッシュスタイルの大きな特長であるとされています。

ブリティッシュスタイル
ブリティッシュスタイル イラスト

石柄が重厚な風格のブリティッシュスタイル

ぬくもりを感じる本格欧風住宅

レンガ柄を全面に使った普遍性の高い英国風


どのような街並みにも馴染みやすく、様式にとらわれないオーソドックスな住宅スタイルです。
外観は好みのイメージに合わせて、石柄やレンガ柄、タイル柄などをコーディネートします。色あいは、ブラウンやベージュ、グレーなど鮮やかすぎない、シックで落ち着いたものがおすすめです。

コンテンポラリースタイル
コンテンポラリースタイル イラスト

白と明るい木目柄のカジュアルなスタイル

3つの柄を穏やかな色彩でまとめた上品なスタイル

邸宅テイストで王道配色の格調ある外観


ページの先頭へ戻る