第2回 色・柄のコーディネートで
イメージが変わる!

カラーコーディネート説明

複数の外壁材を組み合わせる場合は、色相※1を揃え、トーン※2の差をつけた配色が基本です。同一または類似の色相でまとめると統一感がうまれ、程よくトーンの差をつけることで安定感のある外観に仕上がります。

※1.色相とは、赤・黄・青などの色み

※2.トーンとは、濃い・淡い・派手・渋いなどの色調の違い

トーン差

柄のコーディネートで表現豊かに!

ナチュラルなイメージ、人工的なイメージなど、おおまかに柄のイメージを揃えると、違和感のない自然な外観に仕上がります。また、柄の大きさに差をつけると、安定感のある外観に仕上がります。

例A. 色合いを揃え、柄でコーディネート

色合いは揃えて柄で変化をつけると、それぞれの質感がより際立つコーディネートになります。

セリオスタイル クラウンアッシュ パルムボーダー調 パルムブラック

例B. 柄の大きさにメリハリをつける

大石柄がポイントになり、スッキリしたコーディネートに。

コルモストーン調V フォンドシュガー ムスターストーン調 ムスターコルク

例C. 同じ柄を色違いでコーディネート

柄を揃えて色でアクセントをつけることで、統一感のある外観に仕上がります。

ポメロストーン調 エアルグリースポメロストーン調 エアルダークグレー

ページの先頭へ戻る