新築編5 こだわりの外壁選びで実現した理想の北欧スタイル

宮城県 K様邸

宮城県 K様邸

ホワイトとスモークシルバーの優しいコントラスト。シンプルな形状ながら、窓や玄関ドアなど随所に北欧テイストを取り入れ、スタイリッシュで統一感ある外観となったK様邸。サイディングの機能性やデザイン性はもちろん、サンプルを手に取り、外観パースでリアルなイメージを膨らませるなど、試行錯誤の末実現した、K様のこだわりの住まいをご紹介します。

宮城県 K様邸

キャスティングウッド ナチュラルオーカーMG シェードブリック調 コットMGホワイト

サイディングの豊富なラインナップに驚き!

イラスト

家の機能的な面は夫である私の、北欧風スタイルは妻の好みで決めました。外壁は当初「白い家モデル」としてパッケージされた全面張りの外壁材に決めていたのですが、他の住宅の施工例写真を見ていくうちに、ツートーンの家もいいなと。それで工務店に相談したところ変更できることがわかり、ニチハの仙台ショールームを訪れました。正直「ニチハ」や外壁材のことは知りませんでしたが、こんなにたくさんの種類の色柄があるとは驚きました。800種類を超える商品ラインナップから、思い描いた北欧風にぴったりの外壁材が見つかりました。

ショールームや外観パースを活用して思い通りの外観を実現

イラスト

家のイメージが決まっていたので、木目柄はすぐに決定しましたが、色をグレーとブラウンで迷いましたね。グレーに決めたのは、別の施工例写真でみた家の印象が良かったから。全ての外壁材が展示してあるニチハのショールームに足を運び、現物を確認したり、張り分けを決めるのに、何度も外観パースを作成していただきました。住宅外観シミュレーション「住まCo」を使った3D外観パースで完成予想図を確認することができて、納得の外壁選びができました。小さなサンプルでは、大きな家のイメージはつかみにくい面もありますが、外壁材に触れて、パースでイメージを膨らませて、自分たちでこだわった外観にとても満足しています。

外観写真
外壁の色や素材感、窓や玄関ドアのデザインに
北欧風のテイストを巧みに取り入れている。

ダイニング
あたたかいリビングで家族団らんのひととき。
カウンター下に施工されたブリックタイルが
外壁のデザインともマッチ。

お手入れの手間を省く、メンテナンス性も重要

外壁写真
「マイクロガード」と「プラチナコート」、ダブルの機能で、
長期間汚れにくく美しい外観に。

もちろん外壁で重視したのはデザイン性ですが、同じくらい、汚れにくいことやメンテナンス性も重要でした。雨水で汚れを洗い落とす「マイクロガード」や色あせに強い「プラチナコート」でメンテナンスの手間が少ない点も気に入っています。デザインが気に入っても、メンテナンスに手間がかかるものであれば選びませんでしたね。

ページの先頭へ戻る